おすすめのパスタ用フライパン「北陸アルミ 業務用マイスターIH BCフライパン」【#select】vol.10

「北陸アルミ 業務用マイスターIH BCフライパン」- おうちパスタを充実させるフライパン選び –

皆さんこんにちは、Ryogoです。
最近はInstagramのほかに、パスタメインの「BINANPASTA」、料理全般の「まかない食堂」と2つのYouTubeチャンネルでも活動しています。


今回は、僕が普段から愛用しているフライパンをご紹介しようと思います。

プライベートではいくつかフライパンを持っているのですが、このフライパンは基本的にパスタを作るときにしか使っていない実質「パスタ専用フライパン」になっています。

さっそくですが、僕が愛用しているフライパンはこちら

HOKUA(ホクア) マイスター 業務用 IH BCフライパン 24cm

フライパンが変われば味も変わる

こんなことを言うと「え?」って思われるかもしれませんが、フライパンを変えるとパスタの味も変わります(感覚的に)。

日常的に同じフライパンを使っているとその変化には気づきませんが、初めてこのフライパンで作ったときはその違いにびっくりしたのを覚えています。

フライパンの材質などによって扱い方も変わってくるので一概には言えませんが、僕が実体験を元に言えることがあるとすれば「おうちパスタはフライパンでワンランク上げられる」ということです。

1つは持っておきたいアルミパン

パスタを作るときにもってこいなのがアルミのフライパン。映画やドラマの調理シーンでもよく見かけるあの銀色のやつです。

アルミは熱伝導に優れているだけでなく、鉄などに比べるとフライパンが比較的軽めに作られているのが特徴的です。

色もシルバーなので、調理中にオイルやソースの状態を確認しやすいのも忘れてはいけないポイントのひとつ。

HOKUA(ホクア) マイスター 業務用 IH BCフライパン 24cm

若干扱いに制限はかかるので、普段用としての購入はおすすめしませんが、すでに1本オールラウンダーなフライパンがあるなら、アルミパンも持っておいて損はしないと思います。(オールラウンダーでおすすめのフライパンはまた後日ご紹介します。)

ここぞというときに大活躍してくれる僕もお気に入りのフライパンです。

IHでもガスでもOK!嬉しいオール熱源対応のフライパン

今回ご紹介している北陸アルミのフライパン
実際にこちらの動画内で使っているのですが、ガス火に限らずIHでも使用可能なのがおすすめのポイント。

僕自身、引っ越しの関係で買った当初はIH、そして現在はガス火という状況なのですが、オール熱源対応のおかげでいまでも不自由なく使うことができています。

ただ、アルミパンでIH対応のものは少し珍しいので、おうちのコンロがIHでアルミパンを購入したいという方はコスパなども考えると、恐らくこの北陸アルミ マイスター 業務用 IH BCフライパン1択になってくると思います。

ちなみに、今後IHのコンロを使う予定がなくガス火専用のものを探している方にはアカオアルミ DONフライパン 24cmがおすすめです。

耐久性も高く、IH対応のものと比べるとかなり安価で購入することができます。

アカオアルミ DONフライパン 24cm

おうちパスタをもっと楽しくもっとおいしく

アルミパン

今回ご紹介した北陸アルミ マイスター 業務用 IH BCフライパンですが、サイズ展開は18cm〜36cmの計7種類となっています。

ちなみに僕は24cmのものを持っていますが、1〜2人分であればこのサイズ、2〜3人分であれば27cmで十分かと思います。

パスタ自体あまり大人数分を一気に作るには向いていない料理なので、パスタ用のフライパンを探している方は、24cmか27cmを目安に選んでみることをおすすめします。

HOKUA(ホクア) マイスター 業務用 IH BCフライパン 24cm

HOKUA(ホクア) マイスター 業務用 IH BCフライパン 27cm


>アプリでもっと快適に。

アプリでもっと快適に。

BINANPASTAに待望のWEBアプリ版が登場!お気に入りや詳細検索などの新機能もすべて無料で使えます。(スマホ画面内にある”ホーム画面に追加ボタン”や”ショートカット作成ボタン”から設定できます)

CTR IMG