パスタに使うオリーブオイルはコレがおすすめ【#select】vol.14

おうちパスタを充実させるオリーブオイル選び

皆さんこんにちは、Ryogoです。
最近はInstagramのほかに、パスタメインの「BINANPASTA」、料理全般の「まかない食堂」と2つのYouTubeチャンネルでも活動しています。


パスタを作るときに欠かせない調味料のひとつオリーブオイル。その種類は実にさまざまで選び方も人それぞれです。

というわけで、今回は僕が普段から愛用しているオリーブオイルをご紹介しようと思います。

さっそくですが、僕がメインで使っているオリーブオイルがこちら

エキストラバージン オリーブオイル ICONO(アイコノ) 500ml by MORE Chile

仕上げのオリーブオイルでワンランク上のおいしさに

主にパスタの仕上げに使うことの多いエキストラバージンオリーブオイル(以下、EXVオリーブオイル)。スーパーの売り場を見るだけでも、選びきれないくらいたくさんの種類が置いてありますよね。

値段もピンキリですが、やはりおいしいEXVオリーブオイルはパスタの味も格段に上げてくれます。

特にペペロンチーノをはじめとするオイル系のパスタやトマト系のパスタなどと相性が良く、仕上げにEXVオリーブオイルを適量回しかけてあげることで華やかな香りを楽しむことができます。

オリーブオイルを使い分ける

ちなみに、オリーブオイルには大きく2種類、今回ご紹介しているEXVオリーブオイルピュアオリーブオイルが存在しています。

どちらも同じオリーブオイルなのですが、前者の方がいわゆる香りの強いオリーブオイル。よくサラダにかかっていたりするやつです。

それに比べて後者は、香りが弱く(無臭のものもあります)癖のないオリーブオイル。

使い方に決まりがあるわけではありませんが、EXVオリーブオイルは加熱するとその香りや味わいが弱まってしまうため、個人的にはパスタを作る際は加熱時と仕上げ時でオイルを使い分けるようにしています。

よくBINANPASTAのレシピの工程にある「にんにくの香りをオイルに移して、、」というときには後者のピュアオイルを使用していることが多いです。

▼ 仕上げ時のEXVオリーブオイル(エキストラバージン オリーブオイル ICONO(アイコノ) 500ml by MORE Chile

▼ 加熱時のピュアオリーブオイル(ボスコ オリーブオイル イタリア産 456g

EXVオリーブオイルの癖が苦手な方は

華やかな香りが特徴的なEXVオリーブオイルですが、中には独特の味の癖やえぐみが気になるという方もいると思います。

最初にご紹介したICONOでも十分癖は少なく食べやすいのですが、このICONO以上に癖がなく香りだけを楽しみたい方におすすめなのがフシコスのオリーブオイル

ギリシャで収穫されたオリーブで作られているのですが、そのまま飲めるくらいにまったく気になる癖がないオリーブオイルです。

フシコス エキストラヴァージンオリーブオイル

オリーブオイルでおうちパスタをもっとおいしく

今回ご紹介したオリーブオイルは3種類。

どれも実際に使ってみて、実用性やおいしさを実感したものばかりなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみに、、
ボスコのピュアオイルはスーパーでもよく見かけると思いますが、そのほかの2つは基本的にネットを通じての購入がスムーズでおすすめです。

ご紹介したオリーブオイルをおさらい

▼ 仕上げ時のEXVオリーブオイル(エキストラバージン オリーブオイル ICONO(アイコノ) 500ml by MORE Chile

▼ 加熱時のピュアオリーブオイル(ボスコ オリーブオイル イタリア産 456g

▼ 癖の少ないEXVオリーブオイル(フシコス エキストラヴァージンオリーブオイル


>アプリでもっと快適に。

アプリでもっと快適に。

BINANPASTAに待望のWEBアプリ版が登場!お気に入りや詳細検索などの新機能もすべて無料で使えます。(スマホ画面内にある”ホーム画面に追加ボタン”や”ショートカット作成ボタン”から設定できます)

CTR IMG