1食50円!?韓国のインスタント麺「サリ麺」が優秀すぎる【#select】vol.26

「サリ麺」- おうちで韓国料理を楽しむならコレしかない –

皆さんこんにちは、Ryogoです。
最近はInstagramのほかに、パスタメインの「BINANPASTA」、料理全般の「まかない食堂」と2つのYouTubeチャンネルでも活動しています。


今回のテーマは韓国料理。
Instagramではたびたび触れている韓国のインスタント麺「サリ麺」をご紹介しようと思います。

黄色いパッケージが特徴的なサリ麺、食べたことはなくても見かけたことはあるという方も多いのではないでしょうか?

サリ麺ってなに?

サリ麺は韓国のインスタント麺。
写真のようにプデチゲなどのお鍋料理に使われる麺として有名です。

一般的な袋タイプのインスタント麺と決定的に違うのは、スープやかやくが一切含まれていないこと。袋の中には麺のみが入っています。

ちなみにこれは余談ですが、僕が唯一インスタント麺で家に常備しているのがこのサリ麺です。

サリ麺

サリ麺のおすすめの食べ方

お鍋に入れるのはもちろんおすすめなのですが、個人的にはスープを自分で作ってラーメンとして食べるのもお気に入り。

自作、、と聞くとハードルが高そうに感じるかもしれませんが、材料さえ揃えてしまえば、あとは目分量で味をみながら作っても結構おいしく仕上がります笑

ちなみに、僕は普段こんな感じの材料で作ることが多いです。*分量適当
【A(キムチ、醤油、酒、みりん、ごま油、こめ油、にんにく、生姜、コチュジャン粉唐辛子)、B(アミの塩辛ダシダ)、出汁(水)】

  1. Aをトゥッペギに入れ混ぜ合わせて10分ほど放置。
  2. 火にかけて少ししたら出汁を投入して煮立たせる。
  3. Bで味を整えサリ麺投入。

他に具材があるときは2のタイミングで一緒に入れてしまうことが多いです。

これをベースにすれば純豆腐なども簡単に作れるようになるので、好みのバランスを作れるようになるとかなり幅が広がります。

必要最低限でコスパも最強

パッケージにもある「麺のみ」の表記。シンプルがゆえにコストパフォーマンスも他を寄せ付けない圧巻的な高さです。

購入方法にもよりますが、1食あたりのお値段は50〜60円ほど。

実店舗だとKALDIやドンキホーテ、業務スーパーなどで売っているのを見かけたことがあります。

ただ、商品の取扱は店舗によって異なるので、確実に購入したい場合はAmazonなどネットを使うのがおすすめです。

サリ麺

アレンジ次第で楽しみ方は無限大

スープやかやくのないシンプルな麺だからこそ楽しみ方は人それぞれ。

アレンジ次第で無限の可能性を秘めているサリ麺は、おうちで気軽に韓国料理を楽しみたいという方にもおすすめのインスタント麺です。

韓国好きだけどサリ麺は食べたことがない、、という方がいれば、ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね。

サリ麺


>アプリでもっと快適に。

アプリでもっと快適に。

BINANPASTAに待望のWEBアプリ版が登場!お気に入りや詳細検索などの新機能もすべて無料で使えます。(スマホ画面内にある”ホーム画面に追加ボタン”や”ショートカット作成ボタン”から設定できます)

CTR IMG